アロマテラピー 資格

アロマテラピー資格を取るなら

アロマテラピーと一言でいっても実際種類もいろいろありますね。
ですから資格を取りたいという方はどういった種類があってどういったことをするのかなどを把握しておく必要がありますね。
それに資格を取る方法もいろいろあるので自分がどういった方法で取りたいかも考えないといけませんね。
そこで当サイトではアロマテラピーについてや資格などについて紹介しています。
アロマテラピーの資格を取ろうと考えている方の参考になれば幸いです。

アロマテラピー

アロマテラピー資格を取るなら


アロマテラピーの資格を取りたいと考えている方もどこで勉強すれば良いのかわからないと思います。
そこでおすすめなのが一括資料請求です。
アロマテラピーの資格講座を行っているスクールの資料を一括で請求できます。

ビューティー資格ナビ アロマテラピー

ビューティー資格ナビは美容系スクール・資格の情報サイトで様々なジャンルの資料をまとめて取り寄せることができます。
当然アロマテラピーもあり、地域別に様々なスクールの資料を請求できます。
便利だと思いますので利用してみても良いのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒ビューティー資格ナビ アロマテラピー

アロマテラピーとはどういったものなのか

人間には嗅覚というものがあります。この嗅覚とは、ニオイというものを認識できるということです。
ニオイとは、さまざまな物質から発生している揮発性の物が、鼻のニオイを感じることができる細胞を刺激することによって、ニオイを認識できるという仕組みになっているようです。

 

人間や自然界の動物などは、この嗅覚によってさまざまなことを判断しています。
例えば、嫌なニオイを発するものは自分の身にあまり好ましくないということから、それを回避したりするといったことがあります。
逆に、良いニオイを発するものについては、引き寄せられていくといったことがあります。

 

この嗅覚を使って、癒しの効果をもたらすものがあります。それはアロマテラピーと呼ばれるものです。
このアロマテラピーとは、アロマオイルなどの芳香を発するオイルなどを利用するものです。
アロマオイルにはさまざまな種類があります。アロマオイルの多くは、花や木などに由来する成分でできており、こういったオイルを燃やすことによって、良い香りが発生するという仕組みになっています。
したがって、この芳香によって、人は癒しを感じるということです。

 

ちなみに、アロマテラピーには嗅覚を刺激するものだけでなく、アロマオイルを使ったマッサージというものもあります。
これは皮膚や粘膜から血流に入っていくような形になっており、アロマテラピーによってさまざまな方向から癒しを感じることができるようです。

アロマテラピーの種類と特徴

アロマテラピーとは、アロマ(芳香)とテラピー(療法)とを合わせた造語で、今や日々の癒しや体調改善には欠かせないアイテムの一つです。
アロマテラピーは人間の五感の一つである香りを感じる事により、心身のバランスを整える効果と効能が期待出来ます。
アロマテラピーには体にアプローチするセラピーではフェイシャルエステやフットマッサージ、疲れた心やストレスを感じてバランスを崩した脳に作用するアロマテラピー、カウンセリングに用いたり瞑想や音楽療法等、心や体や肌の不調に合わせて用いられます。

 

アロマの種類には様々な種類があり、眠れない方には鎮静効果の高いラベンダーやオレンジスイート等を、ネロリには精神の安定やストレス等から来る吐き気や口の渇きや胃痛、便秘や下痢など様々な体の不調の改善に役立ち、また皮膚の新陳代謝を促すのでシミやそばかすやシワやたるみなどのアンチエイジング効果や妊娠線の予防にも用いられます。
プチグレインにはアレルギー性の咳や喘息にも効果があります。
クラリセージには女性ホルモンのエストロゲンと似た成分のスクラレオールが含まれており、更年期障害や月経不順など、女性特有の症状にとても効果的で、更には毛髪促進としても用いられます。

 

精油は妊娠中は使用を控えた方が良いのですが、クラリセージは痛みを和らげる為に出産準備や分娩時に用いられることがあります。
精油の特徴としては精油の香りが強く、植物の成分を高濃度に含有しており、揮発性があります。
また、水に溶けずに水よりも軽いので、入浴の際にアロマオイルを入れる際は原液を直接垂らすとお湯に浮き肌を傷める事もあるの、バスオイルに精油を溶かして使用して下さい。

アロマテラピーの資格を取る方法

香りのオイルのアロマエッセンスや、精油を使ったマッサージ方法のアロマテラピーは、体はもちろんその日の気分に合わせて香りを選ぶ事によって、精神的にもリラックスする効果があります。

 

アロマテラピーの資格を取得する場合、受験資格などはなくアロマテラピーに興味のある方で、何級からでも受験が可能です。
取得期間の目安や勉強法では、書店などのテキストや問題集が入手可能で、一ヶ月から三ヶ月の期間での勉強が必要になります。
アロマテラピーの資格試験は年に二回とされ、一回のチャンスを逃してしまうと又半年後になってしまうので注意が必要です。

 

アロマテラピーの利用法と基剤や精油のプロフィール、精油が働く仕組みや健康学や法律などが問われるので、身につける知識として必要になってきます。
試験地は全国の主要都市で行われ、受かった後の期限などはないため、近年では試験を受ける方達が増えている傾向でもあり、試験は五月と十一月の二回に行われます。

 

良い香りで癒す事のできる方法として、気持ちよくリフレッシュできるマッサージとしても人気があるアロマテラピーは、これから手に職をつけたい方にも注目のあるセラピストとして多くの方達に人気があります。

話題のアロマテラピー検定はどんな事に役立つの?

アロマで癒されたい、ちょっとした息抜きに・・・アロマが好きな女性はとても多いと思います。
そんなアロマにアロマテラピー検定という資格があることをご存知でしょうか?

アロマテラピー検定の資格保有のメリットとは

アロマの優しい香りに包まれて休日はリラックスしたい!という方も多いのではないでしょうか。もっとこだわる方の中にはアロマテラピー検定という資格に興味のある人もいると思います。

 

まずはアロマテラピー検定って何から始めればいいのでしょうか。アロマテラピー検定の資格を取れるところは公益社団法人日本アロマ環境協会による認定資格です。
日本国内で多くの方に認知されているアロマテラピーの資格です。

 

プロのアロマテラピストとして活動する方はほぼ必須の資格で知らない人は少ないと思います。
これからアロマテラピストとして活躍したいという方は全国でもアロマテラピーのお店が増えているので要チェックだと思います。アロマテラピー検定の資格は履歴書にも書ける資格なので持っていて損のない資格でしょう。

 

ストレス社会で働く人にとってはアロマの癒しを求めている人が増えているため、だからこそ今アロマテラピーが注目を集めているのです。アロマテラピーの資格を持っていると、アロマ関係のお仕事に就く時もとても有利になります。
しかしアロマテラピーの専門店だけでなくアロマテラピーとは関係なさそうな職場でも、アロマテラピーの有資格者が求められているところもあるので求人を探す際のチェックポイントにもなるかと思います。

アロマテラピー検定にはどんな勉強を行ったら良いか

実際にアロマテラピー検定を取るとしたらどのような勉強法があるのでしょうか?
これからアロマテラピー検定を取ろうと思っている方必見かもしれません。

アロマテラピー検定のための勉強法

いざアロマテラピーの勉強をしようと思い立ってもまずはじめに何から手をつけたら良いのか分からないものです。テスト内容は配られる精油の香りを選択肢から選ぶという香りのテスト、そしてマークシート法の筆記試験などがあります。

 

このテストでの合格率はほぼ90パーセント以上だと言われています。

 

この数字を見る限りではとても簡単かと思ってしまいますが、出題される内容はアロマの歴史、健康学、環境など範囲も広くアロマの勉強以外の知識も頭に入れて試験に挑まなければなりません。教養を身につけたい方、毎日忙しいからなかなか勉強が進まないという方は短期間の認定校での勉強もあります。

 

勉強している中で疑問点が出てきた場合、その場で講師の方に質問もできるので、講師の直接のアドバイスでアロマテラピーの勉強のノウハウを教えて貰えるのは良いですよね。独自で勉強できる方法としては実際に書店で使いやすいテキストを選んでみることです。

 

またインターネットが普及している時代なので、もしもわかないことがあったらキーワード検索をしてメモに書き留めておきましょう。
中には暗記が難しく行き詰ってしまう人もいると思いますが、画像検索などで絵や写真と関連づけたりする方法もあります。実際にアロマテラピーの検定を取った方のブログやSNSなどを見てみてどんな勉強法を行ったかどうか情報を集めるのも手段でしょう。

整体師資格について

アロマテラピーも整体師資格に分類されるかなというところで少し紹介したいと思います。
整体師資格といったもいろいろ種類があります。
おそらくアロマテラピーの資格取ろうと思っている方は他の資格も取得したいと考えている方も多いと思います。
そこで整体師資格についてこちらの整体師資格でいろいろ紹介していますので参考にしてみてください。

 

アロマテラピー